口腔外科|鎌倉でインプラント・矯正歯科を行う歯医者 跡部歯科クリニック

0120-82ハニ-4618シロイハ

由比ヶ浜駅徒歩0分 / 駐車場計10台完備
ご予約・お問い合わせ

口腔外科Oral Surgery

口腔外科とは about Oral Surgery

口腔外科とは

当クリニックでは虫歯や歯周病のほかに、口の周囲の病気の治療も行います。親知らずなどの難抜歯や顎関節症、口内炎や舌・歯肉の病変などが対象です。
切開などの外科処置を含め、より精密に正確に治療を行うために、歯科用マイクロスコープ(顕微鏡)によって拡大された明るい視野のもとで診療し、滅菌・消毒など衛生管理を徹底した医療環境で治療を行なっています。
口内や顎、顔面の問題は、食事や会話といった日常生活にも大きく影響します。少しでも気になる場合は、お気軽に当クリニックまでご相談ください。

親知らずの治療 Wisdom teeth

親知らずの治療

親知らずは、ほぼ埋まったままで一部分しか生えてこなかったり、斜めに生えてきて隣の歯を押してしまったりするなど、トラブルを起こすことがあります。親知らずの良くない生え方が原因で、虫歯や歯周病となることもあり、必要な場合は抜歯をして治療を行います。
親知らずの抜歯には、歯肉の切開が必要な場合もあるので、他の歯よりも大がかりな抜歯に不安を覚える患者さまも多いと思います。
当クリニックではレントゲンだけでなく歯科CTやマイクロスコープを使って、より詳細に親知らずの状態を確認し、ピエゾという特殊な装置を使うことにより必要以上の切開や切削を行わないように抜歯をするので、痛みや炎症のリスクを抑えられます。

顎関節症

顎関節症

「顎が痛い」「口が開かない」「顎を動かすと音が鳴る」
こうした症状にひとつでも当てはまり、他の疾患がない場合には、顎関節症と診断されます。
患者さまの症状をカウンセリングしてから、レントゲンや歯科CTで顎関節の状態を精密に検査します。顎関節内部の関節円板という組織のずれや、顎を動かす筋肉の問題、関節の骨の変形など、何が症状を引き起こしているのか診断します。
顎関節症の原因は、噛み合わせ、関節・筋肉の構造、打撲などの外傷、日常生活の癖、ストレスなどさまざまなものが考えられます。
顎関節内部の治療にはマウスピースを用いたり、頬杖や足組みといった何気ない動作の癖に対しては認知行動療法を行ったりします。

口腔内粘膜の病変・口腔粘膜疾患

口腔粘膜疾患とは

口内の粘膜の病気を「口腔粘膜疾患」といいます。
一般に耳慣れない言葉かもしれませんが、歯肉や舌、内頬、唇などにできる、炎症や腫瘍全般を指します。口内炎なども口腔粘膜疾患に含まれます。
口の中だけに限らず、皮膚疾患と関連するものや全身疾患の症状として表出するものなどがあり、原因や病態はさまざまです。
病気によっては悪性化するものもあるので、的確な診断と治療が必要です。
口内の粘膜が赤い・白い・黒い、腫れやしこりがある、痛みを感じる、乾きやねばつきを感じるなど、ささいな違和感でも早めに歯科クリニックにご相談ください。症例によってはマイクロスコープによって確認し、早期発見することで病気が深刻化する前に対処することができます。

主な症状と対処方法

水泡や潰瘍ができる

アフタ性潰瘍

  • 症状

    いわゆる口内炎のことで、直径数ミリの白い炎症と周囲が赤く腫れ痛みをともなう、もっとも一般的な口腔面粘膜疾患です。特別な病気ではありませんが、まれに全身疾患の一症状として現れることがあります。

  • 治療

    歯科クリニックでは洗口液や軟膏の塗布をしますが、ほとんどの場合は自然治癒します。ベーチェット病などの疑いもチェックします。

ヘルペス性歯肉口内炎(口唇ヘルペス)

  • 症状

    口腔粘膜全体が赤く腫れます。1週間程度の潜伏期間には、全身倦怠感と発熱が起こります。歯肉が腫れて水泡ができ、すぐに潰れて潰瘍となります。強い痛みが出て、食事や会話に困難を感じることもあります。口臭が出ることも。

  • 治療

    単純性ヘルペスウイルスによる感染症なので、安静にしていただき口腔内の清掃と消毒を行ないます。消炎鎮痛薬やビタミン剤を処方することもあります。

白いものができる

白板症

  • 症状

    歯肉や舌に、板状・点状の白色変化が起こります。発赤や潰瘍ができることも。周囲の粘膜との境界は明瞭で、ガーゼで拭いても取れません。自覚症状は出にくい病気です。

  • 治療

    前癌病変のひとつであるため、組織を採取して精密検査をする必要があります。

口腔カンジダ症

  • 症状

    口腔粘膜にクリーム状の白苔症状が広く発現します。ガーゼで拭くと容易に取れます。ヒリヒリとした痛みや味覚障害が出ることがあります。

  • 治療

    免疫力が低下したときなどに、常在菌のカンジダ・アルビカンスという真菌が起こす感染症なので、基礎疾患の改善と口腔内を徹底清掃します。

口が渇く

口腔乾燥症

  • 症状

    唾液の分泌量が減り、口の渇きを覚えます。ドライマウスとも呼ばれ、患者数が急増しています。ねばつくような感じがしたり、口臭が出ることもあります。味覚に影響を与えることもあります。唾液が減ることで、口内で細菌が繁殖しやすくなるので、虫歯・歯周病のリスクが高まります。

  • 治療

    口呼吸やストレス、生活習慣病、薬の副作用など原因が数多く考えられるので、すぐに解決することが難しい病気です。生活指導や対症療法を行うことがあります。口腔乾燥症が原因の口臭・虫歯・歯周病に対しては、適切な治療を行うことが可能です。

由比ヶ浜駅徒歩0分駐車場計10台完備
ご予約・お問い合わせ 24時間受付のWEB予約